省エネ住宅ポイント制度とリフォーム

省エネ住宅ポイント制度とリフォーム

省エネ住宅ポイント制度とりフォームの概要についてまとめてみました。

 

 

省エネ住宅のポイント制度とは、注文住宅や分譲住宅の新築分について1戸当たり30万ポイントが付与されるもので
1ポイントは1円換算ですので、実質30万円分が補助金として付与されるわけです。

 

 

リフォームの場合も同様に30万ポイントが付与され、さらに耐震改修となれば最大45万ポイントまでOKです。
こうしたメリットは出来る限り享受しておきたいものです。

 

 

エコリフォームの場合にはリフォーム部位によって付与されるポイントが異なります。

 

1.窓の断熱リフォーム
  窓の大きさによって3000〜20000ポイントが得られます。

 

2.外壁、屋根、天井または床の断熱リフォーム
  部位に応じて30000〜120000ポイント

 

3.設備のエコリフォーム
  トイレ、バス、給湯器、太陽熱利用、節湯水栓など3種以上の住宅設備を設置する工事につき3000〜24000ポイント

 

4.バリアフリーリフォーム
  リフォーム箇所に応じて6000〜30000ポイント

 

5.リフォーム瑕疵保険加入
  11000ポイント

 

 

なお、期間については28年3月末までですが、予算枠があるはずですので完了すれば打ち切るになるものと思います。
申請の可能性がある人は、お早めにお考え手続きをしてください。

 

 

リフォームで家が綺麗に刷新出来れば、気分的にも明るくなることが多いですよ!!

関連ページ

住宅リフォーム 補助金
住宅リフォームに際しては、各地方公共団体による補助金の制度があります。 それぞれの地方公共団体で、その内容が異なりますので詳細は、市町村でご確認ください。
住宅リフォーム補助金
リフォームの金額にもおよその相場はあります。しかし、大抵詳しい内容については分からないままです。というのは、一般の消費者が工事の仕様書や製品の仕様を見ても何のことか分からないからです。
住宅エコポイントをリフォームで
住宅エコポイントをリフォームに活用してみましょう。