産業用太陽光発電

| コメント(0) | トラックバック(0)

産業用太陽光発電ともなれば将に新規事業です。
遊休土地の有効活用だけでなく実際に発電することのメリットを享受できるのです。


2012年7月1日より「再生可能エネルギーの固定価格買取制度」がスタートしました。
これは、再生可能エネルギーで発電された電力を、一定期間・固定価格で電力会社が買い取ることを国が約束する制度です。


住宅用など10kw未満の場合は、これまで通り、使った後の余った電力を売る「余剰買取」ですが、10kw以上の産業用については「余剰買取」に加え、発電した電力の全量を一定期間・固定価格で電力会社に売ることができる「全量買取」も新たに適用されたのです。


そして、この全量買取制度の適用により、導入コストの早期回収と売電による収益の増大が可能となり、利益を生み出す事業としての可能性が大きく広がりました。


これまで利用価値が見つけにくかった遊休地、倉庫や工場の屋根、ビルや商業施設の屋上なども太陽光発電による安定した収益資産として注目を浴びる存在となっているのです。


また売電収入だけではなく、税制上の優遇措置や環境貢献による企業イメージの向上など多くのメリットが期待できるため、現在ではたくさんの企業が太陽光発電事業に参入しています。


ここで遊休土地とは、アパートマンションの屋上だけでなくショッピングセンターなどの商業施設での未利用部分も該当します。
そして、こうした施設での電力需要は膨大なのです。


産業用太陽光発電を導入することで、勿論安定収入が確保できるのですが、それ以外にも非常用の電源確保や税制上の優遇措置など、詳細にチェックしてみれば思わぬメリット満載なのです


ともかく、全容把握です!
無料一括見積もりを是非どうぞ!!


産業用太陽光発電は見積り比較で安くなる!




トラックバック(0)

トラックバックURL: http://yatuu.info/mtos/mt-tb.cgi/795

コメントする

無料体験レッスン あれこれ 情報

  • SEOブログパーツ
seo great banner